ナンに願いを

ナンパを通して自分と向き合う

新しい扉

2月の終わりにストナンの講習を受けて、3月は出来る限りをストナンに費やした。

 

300人以上に声をかけた。

 

40近くバンゲをした。

 

何度もアポ負けした。悔しい思いをした。

 

ほとんどアポにも取り付けなかった。

 

それでも数少ないながら2人の女の子を抱けた。

 

 

 

自分がナンパをするようになるなんて昔は全く想像出来なかった。

 

中高時代は完璧な非モテだった。

 

彼女なんて出来ないだろうな~とか考えてた。

 

でも、大学に入って、これじゃダメだと思った。

 

努力して無理だったのなら納得が行くけど、何もせずに無理だと決めつけて大学生活を終えるのは、後悔しても仕切れないと思った。

 

出来るだけ頑張って、合コンを開いたりした。

 

偶然、ある女の子と付き合えることになった。

 

付き合ってる最中は、その素晴らしさをそこまで感じてなかった。

 

でも、大事なものは失った後に気付く。

 

別れ話を告げられ、半端のないショックを受けた。

 

巨大な虚無感に襲われながら、立ち直る方法をネットで探していた。

 

偶然、あるブログを見つけた。

 

ヒデヨシさんの、「俺の遺言を聴いてほしい」というブログだった。

oreno-yuigon.hatenablog.com

 

 

面白かった。夢中で全部の記事を読んだ。

 

その中で、恋愛工学に出会った。

 

自分の中で、新しい扉が開いた。

 

 

無我夢中で沢山のブログを読み、ナンパという世界を知った。

 

最初は、本当にこんなことがあり得るのかと疑った。

 

でもそれは本当だった。

 

世界は僕の思っていた以上に寛大だった。