ナンに願いを

ナンパを通して自分と向き合う

GWのナンパ

ゴールデンウィーク某日

 

GW中、1日くらいはナンパしようと思い、街に出た。

 

久しぶりにTwitterを開いてみると、この1年でTwitterを始めた人たちが結構いて、積極的に活動しているようだった。

 

取り敢えず、地蔵回避のためにも、あいさつだけしようと思っていた矢先、ある方から合流申請があったので、合流した。

 

合流した方は、服装や雰囲気もナンパ師っぽい感じだったので、年上で歴も長い人かと思ったが、意外にも年下でここ最近始めたということだった。

 

疲れているということだったので、カフェに入って、福岡のナンパ事情を少し聞く。

 

最近の人も、前から知っている人も、元気にナンパしているようで、少しやる気が出た。

 

その後は一緒にブラっとして、ソロでナンパした。地蔵はしなかった。

 

やっぱり、合流すると、地蔵はしなくなる。

ナンパ師同士、同じ道を歩いている訳ではないけれど、声をかけるという点において、後押しされる何かがある。

 

その後、また1人でナンパをしていると、他にも出撃している方がいるようだったので、あいさつをしに合流申請を出した。

 

結局、今日だけで7名くらいの方とお会いした。

 

その内、1人の方とコンビでナンパした。

その方は恋愛工学の人だったので、話が合った。やっぱり、恋愛工学生と話すのは面白い。

 

初コンビだったが、意外と上手く回って、2組連れ出せた。

どちらも、けっこう良いところまだ行ったが、セパレートが上手く行かず、放流することになった。

 

力不足を実感しながらも、まあ、ナンパってこんなもんでしょ!と、落ち込まずにいられた。

 

その後、クラブに行かれるということだったので、自分は帰宅した。

 


 

この日は、すごく軽いナンパが出来た。失敗しても特に落ち込まないし、トークもあまり深く考えない、自然な感じで出来た。

 

そして何より、楽しかった。

ナンパでこんなに楽しいと感じたのは久々だった。

 

それも、もしかしたら、最初に合流した人から聞いた話があったからかもしれない。

 

その方から聞いた話は、

 

「ナンパがすごい上手い人がいるけど、そういう人と自分を見比べて、落ち込むのは違う。自分は、自分なりのナンパを貫き通せばいい。」

 

というニュアンスの話だった。

 

そう、そうだ。

 

人は皆、持ってるルックスもスペックも違う。

比べる必要なんてない。

 

見なきゃいけないのは、他の男じゃない。

 

目の前の女の子だ。

 


 

 帰り際、何かオーラを感じて、ふと目を上げると、前からの知り合いのナンパ師の方がいた。

 

思わぬ出会いにビックリしながら声をかけて、少しあいさつした。

 

それもつかの間、その方は目の前から来る女の子に声をかけにいって、向こうに消えていった。

 

その後姿は、真っ直ぐ目の前の女の子をとらえていた。