ナンに願いを

ナンパを通して自分と向き合う

半年ぶりのナンパにて

某日

 

街で1時間ほど時間が出来たため、久々にナンパをしてみようと思った。

歩をゆるめ、待ちゆく人を眺める。

ナンパをするのは久しぶりだ。

何となくここ半年、やりたくなくて避けていた。

 

幾人もの女の子たちが、通り過ぎていく。

そして、ある子が目に入る。

しかし、声をかけようとするも、

体が動かない。

 

地蔵だ。

 

懐かしいこの感じ。

心臓がドキドキして口から飛び出そうになる。

 

そしてそれと同時に、

どうせ相手にされない。今日の俺はブサイクだ。今日は調子が悪い。あの子はタイプじゃない。歩くのが速いからダメだ。周りに人が多いからダメだ。無理に声をかける必要はない。と、

言い訳と自己否定の感情が洪水のように溢れ出てくる。

 

自分という存在が、街に圧倒されてしまう。

そして、そんなちっぽけな自分を守るため、目線が自分にしかいかなくなる。

 

この感覚は何度味わっても嫌だ。

結局、1時間街を歩いただけで声をかけられず、用事先へと向かった。

ナンパをしに初めて街に出た日を思い出す。

 

でも、あの時と違って、今は地蔵を抜け出す方法を知っている。

翌日にリベンジすることを誓った。

 


 

翌日

 

髪をセットし、香水を少し振りかけ、家を出る。

電車に乗って、今日は声をかけるという決意を自分に言い聞かせる。

 

昨日のリベンジだ。

メンタルを整えているので、地蔵はしないだろう。

声かけをするまでのイメージも出来ている。

 

女の子を追いかけて、こんばんはと言えばいいだけの話だ。

 

 街に降り立ち、地下街を歩く。

心がざわめきたつ。地蔵しそうになる。

 

目の前から、茶髪の女の子が歩いてくる。

すれ違う。体を反転させる。追いかける。

横並びになる。そのまま、一歩前へ出て、振り向く。

 

「あの、すみません」

 

ふっと目線を上げ、こっちを見てくる。

 

「落としものしちゃって」

 

「出会い落としちゃったんですけど」

 

何も考えずに行ったら、とっさに出てきたのがこのセリフだった。

もう体に染み付いてしまってるのかもしれない。

 

女の子が、クスクスを笑う。

オープンした。

 

花見の帰りで、暇そうだった。

カフェに誘うと、すんなりついてきた。

年上で、落ち着いていて、何となくナンパ慣れしてそうだった。

 

カフェでお茶を飲み、適当に話す。

あまり深く考えず、自分が話したい話をした。

というより、技術うんぬんでトークをするのが嫌になっていた。

何となく食いつきを感じる。

「年上しか考えて無かったけど、年下もいいかもね」

という会話が出来てきたところで、

サインが出ていると判断して、カフェを出た。

 

カフェを出て、歩きながら手を差し出す。

相手が戸惑いながら握ってくる。

 

正直、今日こうなることは予想外だったが、今日逃さない方がいいと判断して、家に誘う。

「俺が経営してる超隠れ場的バー行かない?まあ俺がバーテンダーやってるんだけど」

 

戸惑う相手をよそに、駅へと向かう。

ちゃんと、ついてくる。

駅へと向かいながら、ミスに気づく。

いつもの癖で駅に向かっているけれど、ここは電車じゃなくてタクシーだ。

 

地上に出て、タクシーに乗った。

久しぶりすぎて、会話がもたない。空回りしそうになる。

ただ、もう変に難しいことを考えて、気を張るのはしたくなかった。

正直に、「久しぶりで緊張している」と伝えた。

もう、それでいいと思った。

 

家についてからも、今までのようなトークやギラつきをなるべく忘れるようにした。

あんまり考えなくても、スキンシップにグダはなかった。

正直に、抱きたいという自分の気持ちを伝えた。

グダがあった。

話を聞くと、生理であるようだった。

 

どうしようか迷ったが、過去の経験からいって、生理でも突っ走ってしまったほうがいいと判断した。

 

変にギラつかずに、スキンシップを繰り返した。

次第に、相手がその気になっていった。

一緒にシャワーを浴びた。

後はもう流れるようにベッドに入った。

 


 

 一声かけ目で、連れ出して、そのままゴールしたのは初めてだった。

しかもそれが、半年ぶりのナンパだったことも驚きだ。

やっぱり、声をかけると、何が起こるか分からない。