ナンに願いを

ナンパを通して自分と向き合う

初めての即(3月28日)

3月28日月曜日、ストナン初の即をしました。

 

18時ごろから天地下で声かけを始め、4人目の子でした。

 

その子は地下街を歩きながらチョコパンのようなものを食べていました。

 

「何食べてるの、おいしそうやね!」

 

ガンシカ

 

あ、またガンシカか、と思いながらも、粘ってみようと、

 

「それ、何味?」「うんk・・・じゃなくてチョコ?」

 

とか適当に話しかけていると、

 

「関係ないじゃないですか」

とムスっとして返してきた。

 

ここで、「あ、ごめんね、ただのナンパなんだけど、ナンパしていい?」

 

と言うと、笑いが取れ、オープンした。

 

そこからはカフェ、カラオケ打診をしながら平行トーク。

 

その子はお金がない、家に歩いて帰る途中だと言った。

 

家近いの?と聞くと、歩いて2時間かかるという。

 

この時、僕は何かこの子変だなと少し感じた。

 

少し押しに弱そうな感じ。そして服装も靴がボロボロで、ズボンも丈が合ってない。髪の毛もきちんと手入れされている感じがない。

いわゆる即系というやつなのだろうか。

 

カフェ、カラオケ打診が通らないので、取り敢えず散歩しようといって、少し強引に進行方向を変え、公園に。

 

そこで和みトークを入れた。

 

長年付き合っている彼氏がいる。でも彼氏から結婚はしないと言われている。高校は通信制に通っていた、家族の仲が良くない。

彼氏との仲が悪化したときは、出合い系で複数人の男の人に合ってエッチをした。

 

 

このとき、迷った。

 

おそらく、押せばいけるだろう。ただ、自分は本当にこの子を抱きたいだろうか。

 

ただ、以前、いけると思った直前で辞めたことをマイコーさんと話したことを思い出し、最後までやってみようと決意した。

 

 

公園から出て手を繋ぐ。

一旦嫌がられたので一度離し、再度和みを入れて再び繋ぐ。

 

そのまま自転車を置いているところまで歩き、自転車を取り出しながら、

 

「じゃあ、行こうか」

 

「え、どこに」

 

「俺の家!」

 

「え、無理、ヤダ」

 

そうはいいながら、付いてくる。

 

途中からは大人しく付いてきて、家の前までやってきた。

すんなり家の中にも入る。

 

ソファーに座って、話をしながら、体を近づけ、髪いい匂いするねでキス。

 

そこから一切グダもなかった。

 

少し虚ろな目をしていた。目を見るのが怖かったけど、逆にしっかりと目を見つめた。

 

途中まであまり話さなかったけど、明るい雰囲気がいいんじゃないかと思って、エッチ好き?とか、どんな体位だ好き?とか、オナニーはすると?とかいって笑わせた。

 

 

 

 

その後、色々話をした。

なんで付いてきたの?とか、家族の話とか。

 

その子は、やっぱり心に病気を持っていた。

 

話を聞いてあげた。

 

そして帰り道の途中、その子を精一杯褒めてあげた。

 

顔立ちの悪くない子だったから、「もっと化粧とかちゃんとしたら、その辺の子なんかより全然可愛いよ! 俺が言うんだから間違いない!」とかなんとか。

 

連絡先は聞いてくる気配もなかったし、自分も聞かないほうがいいかなと思った。

 

ただその子がすごく気になったから、捨てアカでツイッターだけフォローさせてもらった。

 

 

終始明るく努め、笑いを取った。

話も否定せずに、全部聞いてあげた。

途中から嫌がる素振りもなかった。

 

いい思い出として記憶してくれたかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

複雑な気分になりながらも、その後再び街に出た。

てつさんと合流してストをした。

 

いい感じに笑いが取れる。

粘ってバンゲもできる。

 

これからもナンパを続けていく。

 

 

ストの結果

 

1人目 ガンシカ
2人目 ほぼガン
3人目 ほぼガン
4人目 即
5人目 ガンシカ
6人目 結婚してる
7人目 友達がすぐ近くにいる
8人目 浪人生 バンゲ
9人目 社会人 バンゲ
10人目 知り合いをナンパするとこだった笑
11人目 女子大生 バンゲ
12人目 OL 急いでる
13人目 ガンシカ
14人目 彼氏います
15人目 ガンシカ

 

15声かけ3バンゲ1即